お勧めウィッグ販売ショップはここだよ。

ウィッグのシャンプーの仕方

ウィッグシャンプー

ウィッグのお手入れとして、シャンプーとリンスは絶対しておくべきよ。埃や汚れで静電気が起きやすくなって、いざ使う時に、静電気もさもさだったり、ぱさぱさで凄い不自然に見えたりしちゃうからね。またよく手入れしておけば寿命も長くなるから。また、汚れや静電気があると、絡みやすくなってしまって、あとで苦労することになってしまうからね。

ウィッグのシャンプー方法

  1. まずは、洗面器(ロングウィッグの場合はバケツぐらいの大きさの方がいいかも。)に30度〜39度ぐらいのお湯をはります。
  2. お湯の中にシャンプー(人用のでOKよ)を溶かして、手でかき交ぜて泡立てます。
  3. 泡立てた洗面器のなかに、ウィッグを浸します。全部に染み込むように、洗面器に何度か押し付けて、揺らします。
  4. 基本的には押し洗いで、もんだりはしません。絡んでしまうので、絡んでいる場合は、粗い目ま櫛で毛先を少しとかします。
  5. 10分ぐらい押し洗いしたら、流水で濯ぎましょう。よーくシャンプーを落としてください。
  6. 濯ぎ終わったら、またぬるま湯の中にリンスを溶かして、ウィッグをつけて揺らしたり押したりしてなじませます。
  7. 数分やったらまた、流水で濯ぎます。からまないように注意しましまょう。
  8. 大きめのタオルを用意して、洗面器から水をよく切ってからウィッグを取り出してタオルの上に置きます。
  9. 別のタオルもしくは、大きめの手折るならば折り返して、ウィッグの上から叩くように水分を取ります。
  10. 水分を取って水が垂れなくなったら、スタンドなどにかけて、日陰干しします。
  11. 乾いたら、ウィッグ用のスプレーをかけて、ブラッシングしておきましょう。

別のページでウィッグのてかり防止の方法として柔軟剤で洗う事を紹介していますが、あまり油汚れが無い場合は、柔軟剤だけで簡単に洗うだけでもいいと思います。

ウィッグのシャンプーの方法関連ページ

ウィッグスプレーの代用品
ウィッグのスプレーが高いので、代用品で、コストパフォーマンスをよくする方法をお教えします。
ウィッグの絡みを解決する方法
絡んでしまったウィッグの絡みをとる方法について
ウィッグスタンド・マネキンヘッド・手作りスタンドいろいろ
大切なウィッグをいつまでもきれいに保つために、ウィッグスタンドを利用している方も多いと思いますが、マネキンヘッドや手作りウィッグスタンドについても詳しくご紹介します。

 
浴衣に似合ウィッグ おすすめロングウィッグ おすすめボブウィッグ オーダーメードウィッグ ウィッグアレンジ ウィッグメンテ