ウィッグと一緒に使い方ファッションアイテム

ウィッグにプラスしたいアイテム

ウィッグでイメチェンするときに、それだけだと普段の自分と比べると浮いてしまう場合もあります。

 

そのようなときはトータルでコーディネイトするのがお勧めです。

 

マツエク

ウィッグで髪の毛を持ったらまつ毛も盛りたいところですね。

 

まつ毛を盛るのであれば、定番はマツエクですね。

 

私もずっとマツエクをしていたのですが、ずっと続けていたら、まつ毛が傷んでしまったらしく、もれなくなってしまいました。

 

ウィッグで髪の毛がなくなるってことはないけれど、マツエクって自まつ毛が傷むのですよね。

 

だからマツエクするときは、まつ毛美容液を使って、保護しておいた方がいいです。

 

なくなってしまったからだと回復させるのは大変ですからね。

 

まつげ美容液の効果ランキングでどれが自分に合っているのか参考にしてください。

 

伸びることが優先なタイプは色素沈着という副作用もあるので注意です。

 

ネイル

ウィッグできめたらやっぱりネイルも決めたいところ。

 

かといって、ウィッグを購入して、マツエクサロンに通って、さらにネイルサロンにも通ってとなると、

 

いくらファッションのためとはいえ予算は厳しいですよね。

 

だから、セルフネイルするのがおすすめです。

 

セルフネイルは実は初心者でも簡単に始められるキットがあるので、ぜひトライしてみてください。

 

キットを手に入れたら、ネイルコストが格段に下がるし、好きなだけネイルを楽しめます。

 

こちらのジェルネイルキットおすすめ口コミ情報に初心者にも使える格安のジェルネイルキットがあります。

 

基本的にLEDライト付きのキットがおすすめです。

ウィッグと一緒に使い方ファッションアイテム記事一覧

髪を切りすぎてしまったとき

髪を切りすぎてしまったときも、ウィッグならば直ぐに解決できるよね。初めての美容院にいったら、ボブにしようとしてたのに、ただのショートで男の子みたいになってしまってショックだったことが私はあるよ。でもねウィッグ持っていたから全然平気だったよ。持っていなかったら、次の日外に出る気になれなかったと思うから...

≫続きを読む

 

 
浴衣に似合ウィッグ おすすめロングウィッグ おすすめボブウィッグ オーダーメードウィッグ ウィッグアレンジ ウィッグメンテ