普段使いウィッグの準備

普段使いできるウィッグに仕上げよう。

普段使い,自然

 

私のおすすめウィッグショップで購入しても、やっぱりそれは人工ウッィグだから、100%完璧に自然な髪の毛と同じというわけにはいかないわね。

 

だから、購入したら、普段使いするためのウィッグにするための事前準備というものをしてほしいの。まっ面倒だと思うかもしれないけれど、最初にやっておくだけで、もちも違うと思うから、やってみてね。(ただし、あくまで自己責任でね。)

 

ウィッグだとばれる原因

ウィッグだとばれてしまう原因はなにかというところから考えなければいけないよね。つむじは特にばれやすいので、これはトップページで紹介しているメーカーのものをまず購入してもらうしかないかな。

 

ウィッグのつむじは自分で何とかできるものではないのでね。なんだったらつむじ無しのものの方が普段使いにはいいかもしれない。

 

とくに背の低い女の子は上から視線がくるから、頭頂部を見られやすいので注意だよ。

 

次は段の有る無し。地毛髪のカットでは段を入れてカットしている人が多い。だから段の入っていないウィッグだとばれやすい

 

だから段の入っているものを購入するか、段を入れるか、色やテカリの方で工夫をするかです。

 

地毛のカラー染めだと、均一に染まるということはまずないので、ウィッグで単一色できれいに、さらに同じ艶で染まっていたら、ウィッグだとわかりやすいよね。

 

普段使い用ウィッグでなくて、コスプレ用ウィッグを想像してみるとわかると思う。

 

だから、これをなんとかすれば、まだ段が入っていなくても、ばれにくいの。

 

つぎに天使の輪(蛍光灯のような光の反射が輪っか状にできること)ができてしまう、均一の反射。

 

これは艶かありすぎて、また均一の艶なので起きてしまうことなので、テカリを抑える工夫をすれば何とかなる。

 

逆に全く艶がないファイバーの場合、少し艶を出さないと変な感じになるので、艶を作るようにした方がいい場合もある。

 

ということで、これらの問題点を解決して普段使いしてもばれないウィッグにする方法を以下にまとめたよ。

ワックス・スプレーでセット

これは基本中の基本で、最低限のことだけれど、ウィッグ初心者はやっていないかもしれないので念のために行っておくね。

 

着用する時にただのせて被るだけだと、髪の立ち上がりや流れ方が均一すぎてて逆に地毛としては不自然に見えてしまう。

 

だから、ファイバーの根元の立ち上げや、流れを散らして、均一にならないように、ワックスやスプレーで髪をセットするようなつもりでセットする必要があるよ。

 

まずは柔軟剤で洗っておこう

届いたばかりの商品は、まだ製造されたままの状態であることが多いので、製造段階でついた余分なファイバーがついている可能性もある。

 

そのままでは静電気も発生しやすいので、かるくブラッシングしてから、

 

とりあえず軽く衣類用の柔軟剤で洗うべきだよ。まっ多少テカリ防止にもなるしね。

 

艶出しつや消し対策

柔軟剤であらって、日陰干しで、完全自然乾燥をさせたら、次は艶出しをしましょう。

 

十分艶があると思える場合は、ウィッグ用のシリコンスプレーだけでもいいけど、少し油分を補ってしっとりさせた方がいいことが多いので、

 

できれば、「ウィッグスプレーの代用品」の記事で取り上げている、ウィッグオイルか、ベビーローションで艶出しするのがおすすめ。

 

これでだいぶしっとりとしたつやつや感が出るはず。

 

逆に艶が均一にありすぎててかるようだったら、制汗スプレーでテカリを抑えたり、紅茶染めなどをして、ワントーン明るさを落とすような工夫をした方がいいよ。、

 

静電気対策

油分を補えば、それだけで静電気対策になるので、それでも十分ですが、油分を補って、完全に乾いたら、その上に保護のためのシリコンスプレーをしておきます。

 

これで、しっとり感も長く続くはすだよ。

 

ウィッグスプレー自体がオイリーなものだったら、2の作業をせずに、スプレーだけですみますけれどね。

 

シリコンスプレーをしたら、毛先から、ウィッグ用の櫛で優しくとかしましょう。

 

これで、ほぼ普段使いできるウィッグに仕上がったと思うけれど。

 

もし、それでもカラーが少し明るいと感じる場合は、暗くする方法もありますので、「ウイッグの染め方」を参考にしてね。

 

これらは、個人的に編み出した方法なので、ウィッグが傷んだり、うまくいかなかったりしても責任はとれないので、自己責任でお願いします。

 

また最初に届いたときに、あまりにも自分のイメージと違うようだったら、お店に相談して、交換なども検討してください。いろいろやってしまうとそれもできなくなってしまいますからね。

普段使いできるウィッグに仕上げるための方法関連ページ

ウィッグの染め方
色にあきてしまったとか、艶がよくないとか、グラデーションをつけたいとか思った時のウィッグの染色方法
ウィッグの不自然なテカリ改善方法
ウィッグの不自然なテカリが気になった時の対処方法について

 
浴衣に似合ウィッグ おすすめロングウィッグ おすすめボブウィッグ オーダーメードウィッグ ウィッグアレンジ ウィッグメンテ